布団 クリーニング

浴衣のクリーニングに欠かせない最後の帯結びのご紹介です。文庫は半幅帯の基本的な結び方です。半幅帯は前で結びますので、覚えれば簡単に出来るようになります。浴衣以外でも活用できる帯結びなので是非覚えてください。文庫1、帯板をした上から帯を付けていきます。2、ての長さを決めます。右腕を伸ばし、手の先から腕の付け根までの長さを図ります。ての幅を半分に折ります。  てのわを下にして右肩に預けておきます。3、帯のたれを後ろにまわして巻いていきます。1巻きしたら左手で帯の下線を持ちながら左右にひっぱり帯を締めます。4、帯を胴にもう1巻きして、ての方が上になるように体の正面で結びます。結び目が上下に締めると緩みにくいです。5、再びてを右肩に預けます。結び目の所でたれを裏に返し綺麗に広げます。6、文庫を作ります。たれ先の方から結び目までを肩幅よりやや大きめに内側に畳んでいきます。7、6で作った文庫の真ん中を結び目の上に持ってきます。8、文庫の真ん中を持ちひだを一つ作ります。9、右肩にあるてを文庫の真ん中にかぶせ降ろします。10、てを文庫の中央を下から上にかぶせ巻きしっかり上にひきます。11、てをそのまま下にかぶせ降ろし、帯と伊達締めの間に入れます。12、帯の下から出たてを引いてしっかりさせた後は畳んで帯に挟みます。13、左右の文庫を下げて、広げます。立体的になるように整えて出来上がりです。帯を右方向にまわして完成です。これは基本の帯結びなのでそんなに難しく考えずに練習すれば出来ます。浴衣のクリーニングに帯結びは欠かせないものです。最近は作り帯も多く出ていて不便しないかもしれませんが、やはり結んだ帯はしっかりと浴衣に付くので着心地も良いです。

衣紋と洗濯

きものは、うまく着こなせば、日本人女性の体型の欠点をうまくカバーし、美点を強調宅配宅配することができます。少しの違いでその装いに大きな違いが出ます。粋に、上品に着こなしたいものですね。クリーニングの仕方によって大きく印象がかわるポイントのひとつが、「衣紋(えもん)」です。衣紋は、その抜きかげんで上品にも、また粋にもなります。衣紋の抜き方いかんによって、後姿の表情がぐんと変わってきます。衣紋の抜き加減は、背中がのぞくほどに抜きすぎると、下品に見えます。後ろで半えりが太く見えているのは、とても野暮ったい印象を与えてしまうのです。上品にクリーニングるためには、半えりは肩の部分で細く、ほとんど見えないくらいにします。前えり合わせめで細めにみえるくらいがちょうどいいでしょう。抜きすぎず、詰めすぎず、首のカーブに沿って自然に抜くのが、上品におしゃれぎをクリーニングるコツです。TPOにあわせた衣紋衣紋の抜き具合によって、クリーニングたときの表情がそれだけ変わるということは、逆にその変わり方を生かしたクリーニングをすればよいわけです。たとえば、フォーマルな装いである、留そでの場合、衣紋は普通よりも抜きかげんに宅配宅配することで、おおらかさと重厚さを強調宅配宅配することができます。また、晴れ着らしい華やかさを表現したい訪問着の場合には、えりは一般に広めにします。衣紋はぐっとぬき加減にしてみましょう。晴れの日にふさわしい装いになります。逆に、つむぎなどは、しゃきっと着こなしたいものです。したがって、衣紋はぐっとつめて着たほうが、知的な印象をあたえます。

子どもの入学式・卒業式の母親のきものとクリーニング宅配

お子様の入学式や卒業式に出席なさるお母様は、どのような装いをしたらいいのでしょう。小学校に上がられるお子様の入学式の場合は、お子さま自体の準備を整えるので精一杯で、ご自身のきもののクリーニングまではとても手が回らず、洋装にしようという方もいらっしゃるでしょう、また、下のお子様がまだ小さくていらっしゃる場合には、なおさら大変です。しかし、入学式や卒業式は、お子様の晴れの日であるとともに、それまでお子様を見守ってこられたご両親にとっても晴れがましい大切な日です。お母様も、是非、おきもので装われてはいかがでしょう。入学式のお母様のきものクリーニング入学式は、これから学校にあがられる、小学生のお子様のお母様ならば、つつましい服装が好ましいでしょう。あまり粋な感じや、個性を強調宅配宅配するコーディネートは、好ましくありません。母親らしい落ち着きと格調をあらわすものが良いと思われます。若いお母様なら、色絵羽がいいのではないでしょうか。できれば、一つ縫い紋をつけたものがいいですね。また、お子様が中学生になられるという場合には、一つまたは三つ紋の黒紋付、または一つ紋の縫い紋をつけた黒絵羽織でも、結構です。きものは、幼稚園や小学校に上がられる幼少のお子様のお母様ならば、無地の着物、友禅小紋、など。中学生以上のお子様のお母様ならば、江戸小紋などもいいでしょう。帯は、織りの名古屋帯にします。帯つきで羽織なしならば袋帯にします。